ハラールあか毛和牛のご紹介

ハラールあか毛和牛のご紹介

弊社では、各種ハラール和牛を取り扱っております。今回はその中から褐毛和種をご紹介したいと思います。

和牛の中でも希少品種のあか毛和牛

日本の和牛は、今回紹介する 褐毛和種(あか毛和牛)の他、黒毛和種(黒毛和牛)、日本短角種、無角和種と、これらの交配種を指します。

食肉牛として流通している和牛のうち、黒毛和牛が約95%を占めます。

褐毛は「あかげ」と読みますが、「あか牛」とも言われ、全国で約24,500頭しか飼育されていない希少品種になります。

あか毛和牛の特徴~赤身肉が美味しい

褐毛和種のみならず、和牛の特徴は柔らかさ・香りの良さですが、肉質は黒毛と褐毛では異なります。

一番多く流通している黒毛和牛の最大の特徴は、脂肪交雑が多いことです。つまり「霜降り」です。見た目にも非常に美しくて、脂が多く、とろけるような食感が楽しめます。

これに対してあか毛和牛の特徴は、脂肪交雑が適度で、うま味を豊富に含む赤身が多いことです。
つまり、余分な脂肪がない適度な霜降りであるために、胸やけなどせずあっさりといただけるということ。そして、 グルタミン酸やイノシン酸に代表されるうま味成分が豊富に含まれている赤身肉が多いために、より肉本来の旨味が味わえるということです。

ここは非常に重要な点で、お肉を食べる際に「霜降り」と「肉」のどちらを重視するかで、選ぶ料理や使用する肉の種類が変わってきます。

特に、海外のお客様は「見た目のサシ」は求めるけれど、お肉は「赤身」を求める傾向にあります。

ここに私たちが、褐毛和牛をお勧めする意味があります。

海外からのお客様が、日本にいらして、味にも満足してもらうためには、高級和牛だけでは難しいと考えています。

神戸牛をはじめ、日本のブランド和牛は非常に美味しいですが、サシ(脂)が多いのもまた事実です。味は、無名和牛の方が良かった、言われるケースもしばしば。

ですから、そうした「日本に来たら是非食べたい」ブランド和牛と共に、赤身で柔らかくジューシーな和牛も一緒に食べていただきたいと思います。
(海外の和牛(Wagyu)はオーストラリア産が多いですが、柔らかさ・味じわいはやはり日本の和牛が上を行くと思います)

また弊社は、黒毛和牛ですと「近江牛」を取り扱っておりますが、この近江牛も赤身のお肉がしっかり美味しい品種になります。
そして「日本三大和牛の一つ」である「近江牛」は、サシ(脂)もしっかり入った美しいお肉です。

これらを組み合せてお客様にご提供されると、「ブランド和牛」の体験と「非常に美味しい」お肉をどちらも得られて、大変満足度が高いのではないかと思います。

もちろん弊社のあか毛和牛はハラール屠畜です

弊社で取り扱う褐毛和牛は、ハラール屠畜を行っておりますので、ムスリムの方にもお召しあがりいただけます。

ぜひ、赤身の美味しさをお試しいただきたいと思います。

ハラール和牛として輸出も可能です

弊社のあか毛和牛は、輸出も可能です。他の黒毛和牛同様、
・中東地域(UAE・カタール・バーレーン)
・アジア(インドネシア)
などにハラール和牛として販売ができますので、ぜひご検討下さい。