弊社の主力商品である近江牛をご紹介します。

日本三大和牛の一つ、近江牛

日本には数多くの和牛ブランドがありますが、その中でも「日本三大和牛」の一つとされ、最高級牛肉の銘柄である「近江牛」をハラール屠畜してお届けしています。

近江牛とは

霜振りが多く口どけが抜群の牛肉

トウモロコシ、大麦を主体とした自家配合飼料と、安曇川の清水を十分に与えながら飼育されています。
肉の繊維やサシのきめが細かく、口の中でとろけるまろやかさが特徴です。

近江(滋賀県)で育った牛の中でも特に品質の良い牛肉が「近江牛」として認証されます。

日本三大和牛で一番長い、400年の歴史の重み

史実によれば、1687年に彦根藩で滋賀県産の牛肉が味噌漬けにされ、養生薬「反本丸(ヘんぽんがん)」として、肉金食の江戸時代に養生薬として特権階級に献上されていた。江戸の将軍家や諸侯が食していたと言われています。
この時の牛肉は彦根藩で生産されていたため「彦根牛」と呼ばれていました。元来、牛は農家での農耕と運搬に使用され、「役牛」と呼ばれる役割を果たしていましたが、歳をとった牛は働きが悪くなり若い牛と交換されるため、役牛としての仕事を終えた牛を「反本丸」などに加工をしていたとされています。

これが今の「近江牛」につながる始まりとなったと伝えられています。

近江牛の特徴


肉はきめ細かく、柔らか

きめが細かいほど美味しいと言われますが、近江牛はそのきめ細かさが特徴です。

目減り、水引きが少ない

輸送中に牛の体重が減らず(目減り)、水分の蒸発による枝肉の量が減少(水引)しません。

美しいサシが消えない

肉と脂肪のいりまじりを「サシ」といいます。近江牛には全体にサシが入っています。

独特の粘りを持つ脂肪

良い脂肪とは艶があり、適度に粘りがあるのです。

近江牛は「赤身肉」も美味しい

近江牛は、美しいサシもありますが、実は「赤身肉」も非常に美味しいのです。
柔らかい食感と赤身肉の旨味の凝縮した味わいが楽しめる、それが近江牛なのです。

ご家庭用に購入いただくこともできます。