この度、弊社では新しい商品の発売を開始いたしました。

生食感シリーズ – 牛レバー・牛ユッケ –

日本国内では、牛肉を生肉のまま提供することは禁止されておりますが、生レバーやユッケは長く飲食店メニューにあったことから、今だに根強いニーズがあります。

今回、発売する商品は、そうした「生肉ニーズ」にお応えできる商品になります。

生食感シリーズは、あくまで『加工品』。
ですが、食べてみると驚くほど”生”の食感を味わうことができます。

商品は2種類あり、「牛レバー」と「牛ユッケ」になります。

牛レバー

牛レバーは他にはない商品で、まさに”生レバー”のような食感と色味が特徴です。

生レバー

安全性

生食感シリーズは、2段階の殺菌工程を踏んだ、安全・安心に食べられる加熱食肉製品です。

第1の工程は、手作りハムの技術である「塩せき」で加工することで独特の臭みが消え、特有の「コシ」が生まれます。さらに、厚生労働省が定めた低温殺菌(中心温度63度30分間加熱)を施します。この2段階の工程により、歯ごたえを保ったまま安全性とうまみを最大限に高めることに成功しました。

食材ロスがない

本商品は、約50gごとの個食パックとなっています。必要な分だけを解凍し、切って盛り付けるだけで食品ロスの心配もありません。

調理も簡単

解凍すればまるで刺身のような食感と素材のうまみを味わえますが、調理も非常に簡単です。
1食分を流水のみで4~5分解凍し、適当な大きさに切ってお皿に盛るだけです。調理人の時間短縮にもなります。

賞味期限が長い

賞味期限は、冷凍(-15℃)以下で保存した場合で、6ヶ月間となります。常温流水で解凍(約5分程度)できますので、注文を受けてから解凍すればよく、事前解凍が不要なため、無駄な廃棄もなくなります。

牛ユッケ

牛ユッケは、牛モモ肉を使った食肉製品です。こちらも”生食感”を味わえる類を見ないクオリティ商品です。これらは接合肉ではなく、部位(モモ)をそのまま加工しています。

安全性

厚生労働省が定めた低温殺菌、2段階の殺菌工程を実施し、第三者機関における菌検査・管轄保健所による工場への立ち入り検査も行いさらに安心・安全に提供するこのに務めております。
また、塩せき処理をすることでアミノ酸数値が約5倍増え、美味しさが増しています。

保存料も使用しておりません。

食材ロスがない

本商品は、約50gごとの個食パックとなっています。必要な分だけを解凍し、盛り付けるだけですので、食品ロスの心配もありません。

調理も簡単

1食分を流水のみで3分程度解凍し、お皿に盛るだけです。カット済ですのでアルバイトの方でも簡単に扱うことができます。

賞味期限が長い

賞味期限は、冷凍(-15℃)以下で保存した場合で、6ヶ月間となります。常温流水で解凍(約5分程度)できますので、オーダー後に解凍すればよく、事前解凍が不要なため、無駄な廃棄もなくなります。

真空のまま冷蔵庫に移した場合は、3日以内にお召し上がりください。真空を切った場合は、当日中にお召し上がりください。

様々なメニューに

ユッケは、いわば「生ハム」と考えていただければと思っています。焼肉屋のメニューとしてだけでなく、居酒屋や洋食店・バールなどで、生肉のような食感・味わいを活かす様々なメニューにご使用いただけます。

下記メニュー例写真もご覧ください。

ウニ乗せ・トリュフ乗せ・韓国風・いくら乗せ・イタリアン風にパルミジャーノチーズ合わせ・アボカド&モッツァレラチーズ合わせ、など。